誰にも言えない愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?

犬のペット保険に加入すべきかどうか?

l_03

ペット保険は子犬の頃から早めに加入しましょう!

犬のペット保険の加入を勧める理由としては
病院にかかった治療費の問題です。

保険が効かない動物病院で治療された時の費用は
思っている以上に高いですよ。

人間が病気になれば病院に行くように、
犬も病気になれば病院へ行きます。
でも、犬などの動物と人間には決定的な違いがあります。

それは人間には社会保険、国民健康保険
などの公的機関の保険がありますが、
犬などの動物にはこの保険が無いことです。

 

人間は保険証がなければ病院の治療費が高額になります。
これは犬も同じで保険証がないペットが病院で治療をすると
高額な治療費を支払わなければなりません。

この時の治療費の一部負担をしてもらうために加入するのが
ペット保険です。

保険未加入の場合ちょっとした怪我でも
1回の治療費に1万円を超えることもあり、
骨折などの手術が必要な大怪我では、
10万円を超える治療費がかかることもあります。

手術が終わっても完治するまで通院が必要ですから
治療費を考えただけでもため息が出てきますね。

ペット保険とは

ペット保険は毎月一定額の掛け金を支払い、
通院や入院時などの費用をある一定額を
負担してもらえる保険の事です。

新規加入年齢は生後4ヶ月~年齢制限は上限なし
各保険会社によって内容が変わります。

保証の種類

・通院保証
・手術保障
・入院保障
・ガン保障
・死亡保障
・噛みつき保障
・賠償保障
・予防接種保障
・飼い主お見舞い保障

 

保険会社で内容・掛け金に違いがありますが、
大体はこのような保障の種類があります。

そして、ほとんどの保険会社で終身まで継続が可能です。

掛け金の目安

ペットの種類と加入年齢、保険プランによって変わってきますが、
小型犬で月額1500~2000円程度が平均価格と言えます。

犬の年齢が高くなればなるほど掛け金も増額していき、
現在住まれている地域によっても加入掛け金が違ってきます。

また保険会社によっては小型犬、
中型犬などで区別するのではなく、
犬種によって掛け金が大きく違う保険会社もあります。

犬のペット保険に加入すべきかの判断

ペット保険に入るべきか入らないべきかの判断は、
最終的にはワンちゃんの飼い主さんが決める事です。

しかし現実問題として犬も生き物ですから、
いつ病気や怪我をするのか分かりませんよね?

大切なワンちゃんを飼われている時点で、
もしもの時の安心を買う意味でペット保険に
加入しておくのが安心できますよ。

ペット保険に入れなかった事例

病気が発症したからでの加入
大怪我をしてからででの加入
老犬になりすぎてからでの加入

ペット保険には早めに加入することをお勧めします。

愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?