誰にも言えない愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?

犬が分離不安になった時の症状と対策

bunri

 

飼い主が離れると不安になり、家の中を壊したり吠えたりする
問題行動を犬の分離不安と言います。

この症状の犬は飼い主がちょっとでも
出かける素振りを見せたら家の中を壊したりします。

また、吠えまくるので近所に大変な迷惑をかけることもあります。

逆に飼い主さんがそばにいれば良い子にしているのがこの症状の特徴です。
この分離不安が解消できなくて困っている飼い主さんが多いようです。

飼い主が常に一緒に居られれば良いのですが、
実際問題としてそうはいきませんよね?

もし愛犬が病気や怪我などで入院したらどうなってしまうのか、
想像しただけも恐ろしいですね?

もしかしたら入院を断られてしまうかもしれません。

このような事が起きないためにも、
分離不安の対策をしましょう。

犬の分離不安解消法

解決策としては徐々に1人に慣れさせるしかありません。

犬を寝させるときには別の部屋を用意してゲージを設置をする、
このようにして徐々に一人になることに慣れさせていくのです。

最初は必ず犬に鳴きわめかれると思いますが、
ワンちゃんの為には仕方がありません。

飼い主が根負けしないようにこの時は頑張りましょう。

最初の15~30分くらいが踏ん張りところなので、
最初はおやつなどを与えておくと気が紛らわせられます。

慣れてきたら今度は飼い主が行動に意識をさせないこと。

例えば、出かける時に犬に意識をさせないようにして、
スッ・・と出て行く感じです。

何となく分かりますか?

今までは出かける前にワンちゃんに出かけるよ~、
としていた事を今度からは何となく出て行った・・
このように自然に出かけることです。

とりあえずこれらを実験的にやりましょう。

愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?