誰にも言えない愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?

犬に食べさせてはいけない食べ物【チョコレート中毒】

choko

 

犬に食べさせてはいけない食べ物のひとつがチョコレートです。

犬に謝ってチョコレートを食べさせてしまうと、
チョコレートの中毒症状を引き起こします。

【チョコレート中毒】

症状

・嘔吐や下痢、多尿、発熱、けいれん、発作などの症状出る。

・腹痛や血尿も引き起こす場合もあり、
症状が重い場合には、昏睡状態から死亡してしまうケースもあります。

原因

・犬がチョコレートを誤って食べてしまったか、
人間が知らずに与えてしまって場合が考えられます。

 

チョコが犬に与える悪い影響は、
チョコレートに含まれるデオプロミンによるものです。

デオプロミンは、チョコレートパウダーやシロップ、
ココアやコーラ、お茶にも含まれています。

犬の体重1kgに対して250~500mgのチョコレートで
犬が死に至る場合もある致死量になります。

一般的に売られているチョコレートでは約20~40g。

たったこれだけのチョコレートの量で、
ワンちゃんが二度と元気な笑顔を見せれなくなります。

チョコは犬の目に届かない位置に保管しておきましょう。
お子さんがいる家庭では特に要注意です!

 

治療法

犬が謝って食べさせてしまったことに気がついたら、
早めに病院に連れて行ってあげてください。

中毒ですから一刻を争うことになります。

また、中毒症状が重傷の場合には輸血や胃洗浄も必要になってきます。

 

チョコレートは、人間にはまったく害のない食べ物でも
ワンちゃんにとっては中毒症状を出してしまう食べ物になります。

知らなかったでは済まされない食べ物ですから、
犬にチョコレートは絶対に食べさせない!

これは頭の中に叩きこんでおきましょう!

人間の子供にチョコを与えている時も要注意です。
この時は犬を別の部屋にいさせるなどの工夫をしましょう。

愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?