誰にも言えない愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?

犬の皮膚病に注意する!

inuhifubyo

 

犬の病気で多いものに皮膚病があります。

この皮膚病は室内犬で多く見られる症状で、
いくつかの症状に細かく分けることが出来ます。

 

皮膚病を発症すると
深刻な症状や悪臭が出たりするので
注意して観察する必要があります。

もし、これから説明することに
当てはまるようなことがありましたら
すぐに病院へ行きましょう。

脱毛症

脱毛には季節的要因のものと病的のものがあります。

また、部分的に抜けるものと体全体で抜けるものがあり、
悪臭や痒みが併発するときもあります。

皮膚がベトつくかカサついたりして、内分泌障害、
アレルギー、寄生虫、細菌による感染で発症します。

脂漏症

皮膚がべとついたり、かさついたりして、
さらに脂漏臭という強い悪臭が発生します。
発症する原因は、内分泌障害、アレルギー、
脂肪酸、ビタミン不足など、寄生虫による感染。

 

膿皮症

体に免疫力が低下したときに発症しやすい病気。
主に、顔やわき、指の間に発症します。
痒みが酷いと犬は患部を舐めたり噛んだりするので、
その部分だけが脱毛しやすくなります。

 

アトピー性皮膚炎

もの凄くひどい痒みがおきます。
犬が患部をひっかくので皮膚がただれることも。
慢性化や再発しやすい皮膚の病気です。
ハウスダスト、ノミ、ダニ、
食べ物の添加物が原因で発症します。

 

食物性アレルギー

激しい痒み、発疹、脱毛になるのが特徴です。
また発熱、嘔吐、下痢にもなります。
肉、卵、牛乳、穀類、添加物が発症の原因。
対策は食べ物を変更するのが効果的です。

 

他にも、毛包虫症皮膚疥癬白癬があります。

感染した犬は患部をしきりに舐めたり、かきたがります。
そうすると脱毛、かさぶた、フケなどが発生します。

皮膚病が発症する原因はノミや寄生虫、
ハウスダストのアレルギーが考えられます。

アレルギーから守る無添加ドッグフード

食べ物が原因で皮膚病になることもありますが、
このような物には激安品のドッグフードが多いです。

皮膚病を防ぐには低価格のドッグフードは避けて、
安全安心の無添加ドッグフードを選んで下さい。
無添加にしてから犬が健康になった事例もありますよ。

愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?