誰にも言えない愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?

犬のダイエット! 愛犬の肥満に要注意!

inudiet

 

最近は犬の肥満が非常に増えてきています。

人間肥満になると病気になりやすくなるように、
犬も肥満になると心臓病糖尿病関節炎かかります。

肥満になる多くの原因が、食べ物と運動とのバランスです。

室内犬は特に運動不足になりがちですが、
これは飼い主さんの環境にも関係があります。

飼い主さんが1人であれば一般的には働かれていることでしょう。
このような状況では自宅にいるのも不規則になりがちになります。

ここで影響が出てくるのが、犬の運動不足です。
休日以外では外に散歩に行くのも稀だと思われます。

こうなると犬も散歩に出ることが出来ないので、
運動不足や関節の病気になりやすくなります。

散歩にいける環境であれば定期的な散歩をさせて、
犬の運動不足を解消してあげましょう。

ダイエットのポイント

・食べ物を切り替えて回数を調整

ドッグフードはドライタイプに切り替えましょう。
それから適量よりも若干少なくして食事を与えます。
与える回数は、朝、昼、晩の3回に分けます。

・運動量を増やす

運動量を増やしましょう。
散歩不足なら、犬種に合わせた適度な時間と回数を行う。
肥満が進行し過ぎているなら獣医師に相談を。

・急激なダイエットは避ける

急激なダイエットをさせると調子を崩す場合がありますので、
ゆっくりと徐々にダイエットさせていきましょう。

肥満から守るには無添加ドッグフード

市販のドッグフードには加工した物が多くなり、
食いつきを良くさせる添加物が多く含まれています。
このような添加物が多く含まれていると、
栄養過多や添加物による肥満になりやすいです。

ドッグフードを選ぶ時には値段や見た目で選ぶのではなく、
高品質で安全な無添加ドッグフードを選びましょう。

無添加ドッグフードは愛犬家に絶大なる支持を受けています。

愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?