誰にも言えない愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?

犬の健康チェックは日頃から行う

kenko

 

犬が肥満や病気になるのは飼い主の責任です。
また、愛犬が病気にならないように管理するのは飼い主の義務です。

なぜなら犬は人間と会話をすることができないので、
体の不調や食べ物が合わないなどを言葉で伝えることが出来ません。

犬は基本大変我慢強い生き物です。

しかし体の変調が合った時には行動やしぐさで伝えようとしますので、
その時は飼い主がすぐに気が付いてあげるように敏感になってください。

犬の変調に敏感になるには犬の毎日の観察は欠かせません。

皮膚のチェック、食べ残し、過食、水を大量に飲むなど・・
犬の異変に気がついたらすぐに病院へ連れて行きましょう。

犬の各部分の体の異変

・被毛

被毛につやがある時は健康です。
毛がバサついていたり、いつも体を舐めているようなら、
犬が皮膚病になっている可能性があります。

また被毛がゴッソリとまとめて抜けているようなら、
皮膚病、ホルモン系の病気が考えられます。

・耳

タレ耳の犬は病気になりやすい。
耳からの悪臭、耳垢、いつも耳をかいていないかをチェックする。
ダニが寄生すると、赤い耳あかが出ます。

・目

生き生きとして濡れたような輝きのある眼なら健康です。
涙目や黄色い目ヤニ、充血していないかなどをチェックする。
また涙がよく出ている場合は涙管に問題が起きている可能性があります。

白内障になると白っぽく濁ってきます。
老犬に多い病気なので、注意して観察をしましょう。

・鼻

色の濃い鼻水などが出ていないかをチェックする。
健康な鼻であれば、起きている時は濡れた状態になっているはずです。
もし乾いていたら熱がある可能性がるので、体温を測ってみましょう。

・口

健康な歯茎や舌は赤みがかかったピンク色です。
歯茎、口臭、ヨダレが出ていないかをチェックする。
あぶくや血が混じったヨダレは歯槽膿漏や内臓疾患の可能性がある。

・便、尿

子犬の頃は、便で健康チェックするのが基本。
下痢をしていないか、便にムシが混入していないか、
便は毎日チェックしましょう。

また尿の色やきちんと出ているのかなどをチェックする。

愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?