誰にも言えない愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?

犬が嫌がらないシャンプーのやり方

dogshampoo

 

愛犬とじゃれていたら、なんだか臭う・・・

こんな時はワンちゃんにシャンプーをしてあげたくなっちゃいますね。

犬にシャンプーをするのは体の汚れを綺麗にするだけではなく、
ノミ、ダニなどの駆除、皮膚病予防の効果もありますから、
体を綺麗に保っていると体の汚れも病気も防ぐことが出来ます。

ただし、犬を毎日シャンプーするのは避けてください。

愛犬を毎日キレイにしたい気持ちも分かるのですが、
毎日体を洗うと必要な皮脂も剥がしてしまうので皮膚炎の原因となります。

シャンプー回数の目安は、月に1、2回程度にしておきましょう。

用意するもの、シャンプー・リンスの選び方

事前に用意するものは、

・シャンプー
・リンス
・ブラシ
・バスタオル
・ドライヤー

シャンプー・リンスは、必ず犬用を使用してください。
人間の物は犬の皮膚には刺激が強いので使わないでください。

春先から夏にかけてはノミやダニが多くなりますから、
ノミやダニを見かけたら、ノミ用のシャンプーを使いましょう。

リンスはつやのある被毛の美しさを保ちますよ。

シャンプーの仕方

シャンプーをする前には十分なブラッシングをしてください。
この時に被毛のもつれをとかしておきましょう。

浴室に入ったら、まず全身をシャワーで濡らしていきます。
顔や頭には直接シャワーではなく手の平でお湯をかけましょう。
仕上げにリンスをすることも忘れずに。

予備知識として、声をかけながらシャンプーをしてあげると、
ワンちゃんも安心することができるようです。

また皮膚に異常や体調がすぐれない時や、
妊娠初期の時の犬にはシャンプーは避けてください。

乾かし方と仕上げ

犬を洗い終わったらバスタオルで全身の水分を拭きとります。
その後にドライヤーを使って体全体を乾かします。

この時の注意点としては、ドライヤーを近づけすぎないこと。
ワンちゃんの顔にも近づけすぎないでくださいね。

耳の中の水分は外耳炎の原因となりますのでガーゼなどで拭き取ります。
最後にブラッシングで仕上げです!

愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?