誰にも言えない愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?

犬のブラッシングの仕方を知っていますか?

burashi

 

グルーミングの基本となるのがブラッシングです。

犬の被毛には長毛種短毛種のパターンがありますが、
長毛種は被毛についたゴミなどが切れ毛や毛玉の原因になりやすいです。

抜け毛が多いのも長毛種の特徴です。

このことからできるだけ毎日ブラッシングをしてあげることが
犬の毛づやや皮膚などの健康を守るためにも良いことなのです。

長毛種だけではなく短毛種でも皮膚病の予防や毛つやのお手入れに
毎日のブラッシングは欠かせないものです。

ブラシの種類

使用するブラシは犬種、毛の質や長さで変わってきますから、
長毛種にはピンブラシかスリッカーブラシが合います。

短毛種には獣毛ブラシかナイロンブラシが良いでしょう。

ただし、生まれてから2ヶ月前後の子犬の皮膚はとってもデリケートなので、
犬種を問わず獣毛ブラシの使用をオススメします。

生まれて間もない子犬には、優しく、やさしくです。

ブラッシングの手順

ブラッシングを始める前にまずぬるま湯で温めたタオルで、
犬の全身の汚れを落としてあげましょう。

次に犬の毛並みにそってブラシをかけていきます。
ブラシは垂直に当てて根元から毛先へゆっくりと動かします。

 

ブラッシングのコツ

首→頭部→肩→前足→銅→後ろ足→しっぽの順番で行う

 

毛玉があるときにはスリッカーブラシでほぐすようにすきます。
犬が痛がりますので無理に引っ張ったりしないように!

長毛種は特に毛玉や毛がもつれやすいので、
出来ることなら毎日ブラッシングをしてあげましょう。

ブラッシングをする時の注意点

この時はあまり力を入れずに犬が痛がらないくらいの
適度な力加減でブラシをかけてあげましょう。

特に子犬の頃の犬にブラッシングが痛いと記憶されてしまうと、
成犬になってからもブラッシングを嫌がります。

これでは毛づやが綺麗に保たれないばかりか、
皮膚病などの早期発見も出来ません。

それに犬とのコミュニケーションも取れないのでお互いに良くありません。

決して力を入れすぎたりなどの無理をしないで、
ゆっくりと優しくブラシをかけてあげてください。

でも、優しくブラッシングをしていても犬が痛がるようでしたら、
もしかしたら何らかの異常も考えられます。

この場合には早急に病院に連れて行きましょう。

愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?