誰にも言えない愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?

狂犬病予防接種を受ける飼い主の義務と時期

chusha

 

狂犬病予防接種と狂犬病から人間を守るための予防接種です。

犬の飼い主は、生後90日を超えた犬に対して、
狂犬病予防接種と畜犬登録をする義務があります。

受ける時期は、生後60日と90日の2回接種するのが一般的です。
これは法律で決まっていることなので必ず受けてください。

2回も予防接種を受けさせる理由は、
子犬は生まれた頃は母親の免疫を受け継いでいます。

しかし生後50~90日間の間にその免疫が切れます。
この免疫期間が犬によって違いがあるので2回受けるのです。

登録と注射をするには各地域の市町村役場ですることができます。
どこで受けたらわからない時には、各市町村に問い合わせてください。
ペットショップ等でも分かるはずです。

 

犬の恐ろしい感染症は人間にも感染する狂犬病が有名ですが、
危険な感染症やウイルスは外にもたくさんあります。
その他にはジステンパーやパルボウイルス感染症があります。
一般的には有名ではないですが犬の命に関わる感染症も存在するのです。

法律的に義務付けされているのは、人間にも感染する狂犬病だけですが、
犬への感染症も防ぐために他の予防接種も受けましょう。

ワクチンは、復数の感染症を予防する混合ワクチンが一般的です。
他に、3種混合、5種混合、7種混合があります。
どの混合を接種するのかは、各地域によって違いがあります。
なぜなら、特定の地域にだけある感染症もあるからです。

予防接種をする前に獣医師と相談することをお勧めします。

 

生後60日間のワクチンはペットショップかブリーダーで
1回目の接種している場合があります。
2回目の接種を受ける前には接種証明書で日を確認をしてから、
獣医師と2回目を受ける日の相談をしてください。

生後90日後の2回目のワクチンが終わったら外出ができますが、
ワクチンの効果が出るまでには2~3週間ほどかかります。

散歩に出る前には獣医師とよく相談してください。
その後の予防接種は基本的に1年位1回受けることになります。

愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?