誰にも言えない愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?

子犬の飼い方(3ヶ月~1年目の食べ物・健康管理・しつけ)

koinu

 

犬の年齢は1年で急激に年を取ります。

人間の1歳で犬は17歳くらい年をとります。
犬はたったの1年で大人になってしまうのです。

人間で言えばあっという間に高校生ですね!

子犬を迎え入れて、まだまだ子供だからしつけは大丈夫・・・
なんて思っていたら、あっという間に大人になってしまいます。

犬のしつけは大人になってからでは猛烈に大変です。
子犬の時期にしっかりと育ててあげないと年をとってから苦労します。

最初の1年目は覚えさせることが多いですが、
何事も最初が感じですので子犬の頃から頑張って育てていきましょう。

健康管理と食事

3ヶ月くらいまでの子犬は体力が十分ではありません。
睡眠をしっかりとさせて、食事量のコントロールも行いましょう。
犬の体重の変化に合わせてあげるのがコツです。

この時期の子犬はグングンと育っていきますので、
カロリーが多い、子犬用の食べ物を与えてください。
またミルクを与えるなら犬用にして、
お腹を壊すようであればすぐに中止してください。

運動

この時期の子犬にまだ本格的な散歩はできません。
部屋の中で歩かせたり日光浴をさせるなどで対応しましょう。
また体温調節もうまく出来ません。

寒時には毛布をかける、暑い時期はエアコンを使って
子犬に合わせた適切な温度調節をしてください。

スキンシップ

子犬の頃からのスキンシップは重要です。
しつけにも関係がありますが、何よりも犬との信頼を創ることにあります。

ワンちゃんの名前を呼んで近づいてきたら嬉しいじゃないですか?
飼い犬との信頼関係を確立させるにも犬と会話もしましょう。
犬との毎日のふれあい方で愛犬との深い絆が生まれますよ。

またスキンシップをすることによって、グルーミングやトリミング、
動物病院での診察が受けやすくなります。

愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?