誰にも言えない愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?

ドッグフードは大きく分けると3種類ある!

dogfood

 

栄養バランスが良いドッグフードは主食として使用される場合が多いです。

 

主食用のドッグフードには大きく分けて3種類あります。
ドライタイプ、セミモストタイプ、ウエットタイプの3タイプです。

他に細かく分類すると、子犬用、妊娠・授乳期用、老犬用、肥満犬用、小型犬用、大型犬用などの種類のドッグフードもあります。

それではこれから詳しく書いていきます。

ドライタイプ

保存性が良く価格も安いのでドッグフードの主流。お菓子を食べているかのようなカリカリした固いフード。水分含有料は10%以下。

犬に必要なタンパク質、脂肪、カルシウム、ビタミン、これらの栄養素が多く含まれています。

値段も安く保存性が高いことから人気が高いドッグフードですが、固さがあるので、犬のあごを強くし歯石もつきにくい。ただし、水分が少ないので水と一緒に与えるようにしましょう。

保存する場合は直射日光が当たらないところに保存です。

セミモイストタイプ

ドライフードよりも柔らかく、合有水分は25~35%。子犬や歯やあごが弱ってきた老犬に食べさせるタイプです。

このタイプのドッグフードは乾燥に弱いです。開封後は密閉容器に移し替えて早めに使いきりましょう。

ウェットタイプ

ウエットタイプのドッグフードは水分を75%以上含むタイプです。主に缶詰やレトルトパッケージで販売されています。

ウエットに慣れてしまうとドライタイプを食べなくなる可能性があります。もしウエットタイプを食べさせるなら歯やあごを弱らせないために、ドライタイプとの併用をして食べさせたほうが良いでしょう。

しかしこの缶詰やレトルトタイプは保存料が多めに使われている場合が多いので、パッケージの原材料名を詳しくチェックしましょう。

毎日同じ食べ物だと犬も飽きる?

人間が毎日同じご飯やおかずを食べたら飽きてくるように、犬も毎日同じ食べ物だと飽きてくる犬もいます。

そのような場合には食べ物を少しずつ微妙に変えていきましょう。

愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?