誰にも言えない愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?

室内で犬を飼うときのポイント!

dogsitunai

 

犬を室内で飼うとき気をつけておきたいチェックポイント!

室内で飼うには、あらかじめ準備しておくものや、環境設備などチェック項目がいくつかあります。

 

犬を室内で飼うなら犬が寝る場所や行動させる部屋がある程度は決めていると思います。

すべての部屋にいっても構わない人もいるでしょうが、基本は飼い主さんが決めることなので自由に決めて構いません。

ただ、どのような部屋でも環境の整え方があります。

快適な環境設備

基本的に犬は、人間よりも暑さが苦手です。

日当たりが良く、風当たりの良いところ、夏は涼しく、冬は暖かい環境で過ごせるようにしましょう。

また室内の物を誤飲誤食させないようにすること。

犬が誤って食べてしまったものから体調不良にもなります。

それから、段差や滑りやすい床などで怪我をする場合もあります。危険と感じたら危なくないように事前に対策をしておきましょう。

食べ物

・人間の食べ物は絶対に与えない。

・手作りで与える場合には犬にとって有害なものは与えない。

・室内犬は肥満になりやすいので肥満にさせない食べ物を選ぶこと。

・ドッグフードは無添加の良質なものを選ぶようにする。

運動量と散歩

犬の運動量には犬種によって違いがあります。

運動量が多い犬種には運動不足にさせないように十分な散歩をさせる。
小型犬種などは適度な運動をさせて肥満にさせないように注意すること。

お手入れ用品

犬の手入れ方法も犬種によって違いがある。

被毛のタイプによって使用するシャンプーやブラシも変わってきます。
長いタレ耳を持つ犬種には耳掃除もかかせません。

パグにはしわ専用の掃除など、犬特有の手入れも必要になってきます。

犬の健康チェックは毎日行う

犬の手入れをマメにチェックしていると、体に異変が起きた場合に早く気が付くことができます。

体の異変に早く気がついてあげれば、それだけ病気の完治も早くなります。
ですので、毎日のスキンシップやブラッシングで確認してみてください。

毛つやがない、皮膚に異変、太った、痩せたなどの異変に、早ければ早いほど気がつくと犬にも飼い主にも良いはずです。

それから何かあった時のために信頼出来る病院を決めておきましょう。
あらかじめ探していれば何かあった時でも早めに行動ができます。

また、予防接種は忘れずに行いましょう。

愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?