誰にも言えない愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?

犬に短時間の留守番をさせる時の対処法とは?

rusban

 

飼い主がいなくなると途端に不安がるワンちゃんには困りますよね?

買い物に行こうと出かける素振りを見せると、飼い主を後追いして吠えまくる・・・

無理に出て行って買い物から帰ってみてみれば、家の中がとんでもないイタズラをされていた・・・

このような経験がありませんか?

 

ちょっと買物に行きたくても行きにくい・・・
このような悩みもある飼い主さんもいることでしょう。

本来しつけが終わっていれば犬もおとなしく待っていられるでしょう。
しかし、まだしつけが終わっていない場合には難しい問題ですよね?

飼い主が留守中にイタズラをするのは、
ワンちゃんが不安になって精神が不安定になるからです。

犬は群れて行動をする動物なので、この行動は仕方がないことなのです。
特に子犬やしつけが終わっていない犬にはこの傾向があります。

それにしても毎回出かけるたびにこのような事で悩みたくはありませんよね?
そこで短時間留守番をさせる時に試して欲しいことがあります。

 

それは、出かける前におやつをあげていくことです!

 

最初はワンちゃんも慣れないかもしれませんが、何回か試して見てください。

もし成功したら、
「おやつが出たから飼い主が短時間で戻ってくる」

このようにワンちゃんが理解をしてくれるようになります。
うまくいけば留守番が楽しい時間に変わってくれるかもしれません。

ただし、おやつ選びには注意してください。

短時間の留守番にあげるおやつに適しているものは、食べるのに時間がかかるガムにしましょう。
ガムなら時間がかかり、ストレス解消にもバッチリです。

逆に犬の喉に詰まりそうなおやつは避けて、すぐに食べ終わってしまうジャーキーも避けましょう。

もしかした食べ物以外でもうまくいくかもしれません。
棒状の犬用の噛めるものならそれでも良いでしょう。

ものは試しです。
一度挑戦されてみてください。

愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?