誰にも言えない愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?

犬はどこで飼うのが良いの?外飼い?室内飼い?

inusotonaka

 

犬はどこで飼うのが一番適しているのでしょうか?

昔は犬は番犬、外で飼うのが当たり前な状況でした。

 

しかし現代では犬を室内で飼う人も増えてきて、
人間の家族と同様に、より家族の一員として見るようになりました。

室内飼い外飼いか、どちらで飼うのが良いのかといえば、
飼う犬種と目的で分かれていきます。

室内で飼うならどんな犬種?

犬は本来群れで生活や行動をする動物ですので、飼い犬にとっては、家族、飼い主が群れの仲間になります。

ですので、犬は家族となるべく近くで生活をしたい・・
というのが本音のところでしょう。

家族いつも一緒にいれば家族の様子を観察することができますので、それにより犬は家族への理解度が増して精神的にも安定します。

精神的に安定をしると、犬の無駄吠えも減ることになりますので、犬のしつけの理解度も驚くほど変わってくることになります。

室内で飼うのは、しつけや扱いやすさで考えると、小型犬が扱いやすいように感じるでしょうが、しかしこれは大きな間違いです!

小型犬のヨークシャテリアやチワワは体は小さいですけど、自己主張が高く、性格も荒いので扱いにくい犬種です。

一方大型犬のほうが性格が温厚でおとなしくしている犬種もいるので、スペースが確保できるなら大型犬でも室内飼いは問題ないのです。

外飼いが向いている犬種

また猟犬などで外で活躍していた犬種は外飼いが向いています。

柴犬を代表をする日本犬は、日本の高温多湿、冬の寒さも強くて、外に犬小屋があれば快適に過ごすことが出来るのです。

外に土がある環境ならば、土掘りが好きな犬種には面白い遊び道具となります。
さらに見知らぬ人がきたら番犬としても活躍してくれるでしょう。

このことから、飼い主さんの環境や犬種に合わせて飼う方法を決めていくべきです。

愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?