誰にも言えない愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?

犬の鳴き声の種類と意味

a0001_000043

 

犬は人間と同じように心と表現力があります。

痛いと思えば痛いと表現をしますし、
嬉しいと思えば嬉しい表現をします。

 

ただ、犬は人間と違って会話できないので、
表現をするときは行動やしぐさ泣き声で表現をします。

犬の泣き声の種類と気持ちは一体どういったものなのかを
ぜひ知っておいてください。

泣き声で分かる犬の気持ち

「ウォーン、ウォーン」

よく通る声でこの声を鳴いた時には、仲間を呼ぶ時です。

オオカミが遠吠することで自分の仲間を呼び寄せたりするのと同じですね。
犬の場合には音楽などの音に反応したり、ストレスで鳴くことも有ります。

 

「ウーッ、ウーッ」

この声で鳴いている時は、何かを威嚇する時です。
見慣れない人間や犬などの動物に向かって鳴くことがある。

 

「ワン、ワン」

はっきりしたこの声で鳴く時は犬が嬉しい時です。

興奮している時、飼い主と遊んだりしている時など、
何かで嬉しい事が起きている時にこの声で鳴きます。

 

「クーン、クーン」

鼻をならすようにこの声で鳴くときには、犬が寂しい時です。
この声の他に、キューン、キューンと鳴くこともあります。
また甘えたるするときもこの声で鳴くことがあります。

 

「キャン、キャン」

甲高いこの声で鳴く時は。痛い、怖いことが起きた時です。
怪我をしたり、怖いものを見たりしたときに鳴くことがあります。

犬がケガをした時に体の何処かに触れた時にキャンと鳴けば、
そこを怪我をしている可能性があります。

 

このように、犬の鳴き方の種類でおおよその事態が理解出来ます。
ワンちゃんの鳴き方の様子が変だったらよく確認してみてくださいね。
犬の鳴き声は犬の体調を知るための重要なサインでもありますから。

愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?