誰にも言えない愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?

老犬の歯石、虫歯をほっておくとトンデモナイことに!?

inunoha

 

犬の口と歯の痛みは生活する上でより大変なものとなります。

人間が歯槽膿漏虫歯になるように、犬も虫歯になります。
犬や動物の場合は人間が歯を磨かない限りは不衛生のままです。

 

犬が虫歯になる原因は、歯肉炎や、歯石が溜まって虫歯になることが多いです。

歯石とは、歯の外側に形成された粘液の膜(歯石)が硬くなって石灰化したものです。

 

大型犬は歯と歯の隙間が多いので歯石はたまりにくいのですが、小型犬は歯の隙間が狭いので歯石がたまりやすく虫歯になりやすいのです。

犬の歯を清潔にするための方法はいくつかあります。

生皮でできた骨型のチューイングガム犬用ビーフジャーキー
などの犬が噛むごほうびを定期的に犬にあげることです。
これをすることによって犬の歯石を減らす役割をしてくれるのです。

ただし与え過ぎには注意してください。
歯の歯石と取るためが、あげすぎてしまうと肥満になるからです。

 

もうひとつは、飼い主さんが定期的に飼い犬の歯を磨くことです。

犬用の歯ブラシを使用して、1週間に1~2回程度歯を磨いてあげましょう。

また歯を磨いているときは歯をよくチェックしましょう。
歯茎、口の中には腫瘍ができることもあるからです。

溜まってしまった歯石は飼い主さんでは取り除くことはできません。
この場合には獣医師さんに頼ることになります。
この時に、歯石を取り除くための機械を使用するのですが、
年老いたワンちゃんには非常につらいものとなるでしょう。

 

それと歯にも感染症があります。

歯茎に感染しやすくなりますので歯の健康は大切にしましょう。
歯からなる健康被害も起きる事例も多くありますので、
犬の虫歯を軽くみないようにしてください。

愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?