誰にも言えない愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?

防腐剤が含まれている腐らないドッグフードの危険性

bofuzai

 

ドッグフードには原材料の他に塩分、脂肪分、
ビタミンなどの添加物が含まれていますが、
他にも科学物質が使われています。

中でも多く使用されているのが防腐剤です。

食品は製造から時間が経てば劣化します。

劣化を防ぐためには腐らないようにする必要があります。
そこで1番多く使用しているのが酸化防止剤です。

酸化防止剤には、ビタミンCやEの天然物もありますが、
科学物質で合成された酸化防止剤もあります。

科学物質で合成された酸化防止剤は
天然物に比べて長期間保存が可能です。

そのため、保存期間が長いドッグフードに
使用されていることが多いのです。

長期間保存できるということは、
それだけ危険な物質が使用されている・・・
このことに注意をしなければなりません。

 

合成酸化防止剤には、エトキシキンBHAなどが使用されていて、

エトキシキンは害虫駆除剤、除草剤に使用され、
BHAはガソリンの酸化防止剤に使用されています。

 

このような酸化防止剤は安い原材料を使用したフードに多く含まれ、
原材料の質の悪さをごまかす為に使用されているのがほとんど。

安くて腐りにくいドッグフードには裏があるのです。

 

値段が安ければ飼い主の懐は暖かいままですが、
危険な添加物を含んだドッグフードを食べた愛犬は
冷たくなってしまうかもしれません。

犬が健康になるのも不健康になるのも
飼い主さん次第で決まるのです!

添加物が含まれていないドッグフード選びは、
やはり無添加な物を選ぶのが安心できます。

無添加のドッグフードはイギリス産がお勧めですよ!

愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?