誰にも言えない愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?

ドッグフードは見た目で選んではいけない!

dogfood2

 

スーパなどのフードコーナーへいくと
たくさんの種類のフードがありますね。

現在では本当に様々な形や色をした
ドッグフードが売られています。

表面だけ見ると綺麗なデザインなので
どれにしたら良いのか迷ってしまいます。

またドッグフード自体にも
色々な型やカラーの物が多いです。

でも、これらドッグフードの様々な色や形は
犬には必要がないことを知っていますか?

犬は色を識別する能力が無いと言われています。

でも犬は色を判別することはできないが、
明るい、暗い、までは判別できます。

人間には分かりませんが、犬から見る視界は
モノクロで見えているのかもしれません。

 

それでも最近のペットフードには、
なぜ沢山の色や形が使われているのでしょうか?

観察してみると赤みが入った色のフードが
よく見られると思います。

そこで考えて欲しいのですが、
ドッグフードを購入するのは誰でしょうか?

もちろん、飼い主さんですよね?

 

なぜ赤色をしたドッグフードが多いのかは、
人間の心理として赤い色をした食べ物の方が
美味しそうに見えるからです。

だからドッグフードは赤い色をした物が多いのです。
また色々な形をしていれば見た目で飽きがきません。

 ドッグフード選びは犬の健康に配慮したものを選ぶことが肝心

もうお気づきでしょうか?

多くのドッグフードの販売元は、
犬のためではなく、ドッグフードを購入する
飼い主のために着色や形を変えているのです。

犬は自分で食べ物を選ぶことはできません。

ですから、愛犬の為にドッグフードの見た目だけで
判断するのは辞めておきましょう。

ドッグフードを選ぶなら犬の健康に配慮した
安全な無添加ドッグフードを選ぶのが安心できます。

愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?