誰にも言えない愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?

犬の去勢・避妊手術で防げる病気がある!

kyosei

 

犬に子供を産ませない場合には
去勢手術を早めに行いましょう。

 

相手がいなければ問題はない。

と思われるかもしれませんが、
現実問題としてそうもいきません。

なぜなら発情期にもなればオスもメスも
発情期なりの行動を起こします。

 

実例では、
散歩時などでオスとメスが対面した時に気がついたら交尾してた・・・
このような事例もあります。

こんなことにならないように子供を作らない場合は、
必ず去勢・避妊手術をしましょう。

この去勢・避妊手術は基本妊娠させないこと目的です。
ですが、この去勢をすると病気を未然に防ぐこともできる
非常に大きなメリットもあるのです。

オス・メスのホルモン系の病気は高齢犬での発症率が非常に高くなり、
治療を受けても回復が困難になる場合があります。

これらを防いでくれるのが去勢・避妊手術です。
予防知識として覚えておくといいですよ。

去勢・避妊手術で防げる病名一覧

オス
・前立腺肥
前立腺肥大は去勢していない高齢化したオスがなる病気。
男性ホルモンの分泌が過剰にされることが原因。

・肛門周囲腺腫
犬のみに見られる病気で、
高齢化した去勢していない犬に多く発症する。
男性ホルモンが影響されていることが原因。

メス
・乳腺腫瘍
乳腺腫瘍は犬に多く見られる腫瘍です。
発症は高齢化した犬に多く見られ、
ホルモンの分泌が原因とされています。

子供を産ませない場合にはなるべく早く
去勢・避妊手術をしてあげてください。
それだけでこれだけ多くの病気が防げますから。

病気を未然に防ぐには食べ物選びも重要

去勢手術は多くの病気を未然に防いでくれます。

それにプラスして食べ物も改善してあげると、
より病気から犬を守ってくれることでしょう。

無添加のドッグフードを食べている犬は、
健康で長生きしているワンちゃんが多いですよ。

愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?