誰にも言えない愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?

元気な高齢犬になる秘訣は若い頃に肥満にさせないこと

doghiman 3

 

高齢犬になった犬でも元気な犬もいれば不健康な犬もいます。
この差は一体何だと思いますか?

それは、犬が若い頃の食事療法や運動に原因があります。

 

犬が若いころに栄養の偏りによる食事の与え方や量の与えすぎ、
または散歩をしないなどの運動不足やストレスによっても差が出てきます。

年齢が低い頃に肥満だった犬が高齢化した時には、
糖尿病、心臓病、関節疾患、皮膚炎などを発症する可能性が高くなります。

これは愛犬を肥満にさせてしまった飼い主さんに責任があるとも言えます!

 

ぽっちゃりしていたほうが犬もカワイイですし、
食事も食べてくれている方が見ていて楽しいものです。

しかしそのような飼い主さんの不適切な行動のおかげで
犬の体は確実に病にむしばんでいくことになっていくのです。

不健康な高齢犬にさせないためには若い頃からの食生活は大変重要な事です。
ワンちゃんが必要とするカロリーを把握して適切で安全なフードを与えてください。

またおやつの与え過ぎにも注意してください。

実は高齢犬で起こる病気は若い頃に始まっています

高齢化してから起こると言われている病気は、実は若い頃から始まっています。

人間にもある歯周病と言われる犬の病気は3歳以上から起こりやすくなります。
しかしこの歯周病に気がつくのに遅れたりすると高齢化した時に大変なことになります。

麻酔をして治療しなければならない場合もあるので犬にとっては大変な負担です。

もしこの病気を早めに気がついてあげれば高齢化の前に未然に治療して完治も可能となります。
このことから日頃の愛犬の観察やケアは非常に大事なことなんですよ。

健康な高齢犬になるためには?

健康で長生きをさせるには小さい頃からの毎日の観察やケアは欠かせません。
エサの減り方、トイレや便の状況、体の異変に早く気がつくようにしましょう。

愛犬の健康時の状態を把握しておくことで異常が起きた時に気がつくことが早まるのです。

また、小さい頃から定期的に健康診断にいきましょう。
そうすることで病気が早期発見できるので早期治療、完治になる可能性が高くなります。

 

食事は栄養バランスとカロリーコントロールが重要!

ドッグフード、手作りの両方に言えることですが、
食事は栄養バランスとカロリーコントロールがキモになってきます。

栄養は与えすぎても、足らないのも良くはありません!
適度なバランスが一番重要なのです。

高齢犬の健康は若い頃の食生活が非常に関係があるのです。
若い頃の愛犬時に肥満にさせないように十分注意しましょう。

愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?