誰にも言えない愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?

愛犬の老化のサインに気がついたら・・高齢犬の環境に対応しよう

koreika

 

犬が年を取り老化していくのは
自然の流れでしかたがないことです。

愛犬は家族の一員ですから
老化が始まったら生活環境の改善をしてあげましょう。

多少の費用はかかりますが
ワンちゃんに負担をかけないように
配慮してあげてください。

足腰が弱くなったときの対応

高齢になると足腰が弱くなるのは人間も同じ。

人間から見れば小さい段差にしか見えないものでも
高齢化したワンちゃんにはとても大きな障害物になってしまいます。

愛犬がよく歩く場所に段差があるならば平板を置くなどをして
歩きやすいようにスロープを設置してあげましょう。

 

また高齢化により寝る時間が以前よりも長くなることが多くなります。
この時に注意しなければならないことが床ずれです。

床ずれを甘く見てはいけません。
これを長く放置しておくとその部分が最悪は腐ってしまうおそれがあります。
床ずれから守るためにフカフカのベッドを用意してあげましょう。

人間でも床ずれを防ぐために介護士が寝返りをさせます。
ワンちゃんにもしてあげるのも良いかもしれませんね。

健康診断と高齢化した愛犬との過ごし方

犬は7歳を過ぎたら老化が始まっていると言われています。
ですので、7歳を過ぎたら半年に1回は健康診断に連れて行くのが良いでしょう。

また、なんでもないのに愛犬が吠えるなどの若いころとは違う行動もでてきます。
普段の行動観察には十分に注意をしてください。

 

散歩をするときは年齢に合わせた散歩をしてあげましょう。
途中途中で休憩をいれたりするなど、ゆっくりと散歩をさせてください。
老化が始まっているとはいえ、ワンちゃんは散歩をしたいのです。
動けるうちは出来る限りは散歩をしてあげてくださいね。

 

また、食事は年齢に合わせて適切なフードに変えましょう。

年をとると食事の取る量や消化能力の低下がでます。
このことから老化犬用のドッグフードに変えてあげるのがベストです。

老化犬用のフードに切り替えるタイミングは、7~10歳と言われています。
食事は重要な栄養源。充分な配慮をしてあげてください。

愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?