誰にも言えない愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?

犬の老化のサインを見逃すな!老化が始まると何が変わる?

rouka1

 

犬の老化現象はいつの間にか始まっているものです。

飼い主さんが自宅に帰ってきたら
今までは愛犬が出迎えてきたのに
最近になって出迎えがなくなってしまった・・・

こういうことがありませんか?

実はこれ、老化が起きている重要なサインなのです!

他にもお手ができなくなったり、今まで登っていた階段を上らなくなったなど
愛犬の行動に変化が起きていませんか?

 

多くの飼い主さんは愛犬も年をとったから仕方がないかな~
なんて軽く見て、老化の症状が重くなってから大変なことに気がつくことが多いようです。

あなたもこのような事にならないように普段から愛犬の行動をよく観察しましょう。

この観察を注意しておくだけで老化のサイン、病気のサインも見抜けるようになり、
病気や怪我などを未然に防ぐことができます。

老化が始まれば体が言うことを聞かないのは人間も同じですよね?
飼い主さんが愛犬の老化に早めに気がついてあげれば改善も早く行うことができます。

愛犬のためにも老化のサインの勉強は必ずしてくださいね。

犬の老化のサイン

何気ない生活習慣から老化の初期症状のサインを見つけることはできます。
それは犬の外観や普段の行動からも老化を発見することが可能です。

例えば、犬の体毛に違う色の毛が生えてきたなどです。
白の体毛だと分かりにくいのですが、黒などの体毛であれば分かりやすいです。

また体の健康を維持している体の器官機能も低下していきますので、
様々な病気になりやすくなっていくでしょう。

そして下痢や便秘、視力や嗅覚の低下も起きやすくなっていきます。

 

老化が始まると運動機能も低下していきますので運動不足になりがちです。
そうなってくると健康であった時のように活発に動くことはなくなっていくことでしょう。

視力の低下から日常生活の音などに不安がって吠える犬もいるようです。
こういう時は大きな物音をたてないように配慮することが必要になってきます。

そして食欲の低下です。

内臓器官の機能の低下から食欲の低下がおこり、必要な栄養が不足がちになります。
老化がおきてからの食事のケアには十分な配慮をしてあげましょう。

愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?