誰にも言えない愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?

犬の寿命を延ばすには?生活習慣病から愛犬を守ろう

dogkenko

 

家族の一員となっている愛犬とは
できるだけ長く一緒にいたいですよね。

人間より早く成長して年をとっていく愛犬。
犬は人間の約4倍の速さで成長していきます。

犬が老犬とされるのは7歳といわれています。
ただ犬種によって違いがあるので一概には言えません。

犬は成犬になるまでのスピードがもっとも早く、
成犬になってからの成長はゆるやかになります。

 

犬は飼い主よりも長く生きることは
ほとんどは無いと思いますが、
愛犬に対するケアの仕方次第で
寿命の延長は可能になっていきます。

今の犬の寿命は以前に比べて延びてきて、
日本の約半分の犬が高齢犬とも言われています。

寿命が延びてきた理由に、食生活、
飼育環境、医療の発展があげられますが、
高齢犬が増えてきただけに高齢犬特有の病気に
悩む飼い主さんも増えてきています。

高齢犬に多い病気には、糖尿病、
痴呆症などの生活習慣病があげられます。

これらの犬の病気は、
子犬の頃の生活習慣が原因で起こりやすいです。

 

病気は犬の体の負担も大きく犬にとってもキツイ病気。

犬は自分で病気のケアをすることが出来ませんから、
飼い主さんにもかかる負担も相当なものです。

これは人間でも言えることで介護で働く人たちを見れば
大体はその大変さの想像がつくかと思います。

生活習慣病を改善するのは食べ物選びから

生活習慣になる主な原因は食べ物にあります。
多くのドッグフードの中身は犬用の食べ物ですが、
外観は人間に向けて作られています。

なぜなら、ドッグフードを買うのは人間です!
だから低品質な原材料を使って値段を下げたり、
パッケージを派手にして売られているのです。

無添加ドッグフードならこのような心配は一切ありません。

愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?