誰にも言えない愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?

愛犬が下痢をしていた時の対処法

doggeri

 

あなたの愛犬がもし下痢をしていたなら?

 

犬の病気から起こる下痢は、
小腸や大腸の調子が悪いことで起こりやすい。

またウイルス、伝染病、
ストレスなどによっても下痢は起こります。

このように犬の下痢の原因は様々です。

・小腸性、大腸性の下痢
・ストレス
・ウイルス伝染病
・アレルギー
・異物誤飲

いくつかチェックポイントがありますので、
これから詳しく説明していきます。

症状のチェックポイント!

うんちの色は何色になっているのか?

茶褐色の色の便は小腸性の者の可能性が高く、
また出血があると黒っぽい色になっています。

白っぽい色は消化が不十分の可能性が高い。

 

うんちの量は?

何回も便をするが、一度にする量が少ない場合は
大腸性の下痢の可能性があります。

逆に便の回数は少なく量が多い場合には
小腸性の下痢の可能性が高くなります。

 

下痢以外の症状はないですか?
下痢にはそれぞれ特徴があります。

小腸性の下痢は急な体重の減少、吐き気、脱水症状が現れます。
大腸性の下痢は小腸性の下痢よりも目立った症状がでないのが特徴です。

対処法

水分と食事を一日止めてみる。
止めみても下痢が続く場合には、
すぐに病因で診察を!

また、病院に行く時には
うんちを持っていくのも忘れずに。

うんちを診断することで
早期解決になるかもしれないからです。

ドッグフードは無添加なものに変える

犬がお腹を壊す原因は様々ですが、
多くはドッグフードに関係があります。

国内やアメリカのドッグフードには規制が無いため
安全性がある食べ物とは到底思えません。

イギリス産の無添加ドッグフードなら
きっと愛犬の健康が取り戻せますよ。

愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?