誰にも言えない愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?

犬の成長度によって食事の栄養量が変わる

inunoseicho

 

犬の成長具合によって必要な栄養量は大きく変わってきます。

成長期の子犬ほど栄養量は多く必要で消費カロリーも高め、
成犬になるほど子犬ほど栄養量は必要ではなくなっていきます。

大人になった成犬は、健康な体を維持できるように
必要に応じた栄養量の調整が必要になってきます。

これは犬種や犬の大きさによっても違いがありますので、
不安であればペットショップで相談しましょう。

 

今までのドッグフードから切り替えるには、
いきなり全部を変更してはいけません。

なぜなら、いきなりドッグフードのすべてを変更してしまうと、
ドッグフードによって原材料、保存料に違いがあるために
犬のお腹が対応できなくなって下痢を起こす場合があるからです。

いきなり変更した新しいドッグフードに慣れなくて
食べ物を食べなくなったケースもあるで十分注意が必要です。

 

新しいドッグフードに切り替えるには、
約1割づつの量を混ぜて与えていくのがベストです。

1日目は新しいドッグフードを約一割、
3日目からは約2割を混ぜるなどをして徐々に増やしてください。

それから約1~2週間ほど掛けてすべてを切り替えるようにしましょう。

つい与えがちな犬のおやつにもカロリーはそれなりにあります。
主食とのバランスを考えておやつの与えすぎにも注意しましょう。

子犬用の食べ物から成犬用に切り替えるには、
品質が良くブランドもなるべく変更しない方が無難です。
なぜならブランドを変えた時点で製造過程も変わることから
変更してから犬の調子が悪くなった事例が多く見られるからです。

無添加ドッグフードは子犬から成犬まで幅広くラインナップ。

子犬から成犬用に変更するときも無理なく変更できますので、
添加物がなく品質も良いから安心して食べさせられますよ。

愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?