誰にも言えない愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?

犬のストレスと心の病気を直す為の方法とは?

inusutores

 

人間がストレスになるように犬もストレスになります。

今は犬の生活環境が人間に近づいてきたことから犬のストレスも増えてきています。

 

分かりやすい例として、
飼い主が出かけた時に物を壊したり威嚇するときは、 犬に何らかのストレスがおきています。

病気になってから病院で治療を受けると精神安定剤などの投与がある場合がありますが、多くの場合は薬で治療をするのですが、根本的な問題を解決しなければ薬では治りません。

根本的な解決法は最後に書きますが、まずは犬にストレスが起きた時に出る症状を紹介します。

ストレスによる症状

支配性による攻撃

耳やしっぽを立てて威嚇したりします。
さらには、うなり声を出したり噛み付こうとします。

恐怖による攻撃

自分より強うそうな相手や初めての場所で攻撃態勢を取ります。
また犬種によってはその場から逃げ出そうと行動をする犬もいます。

テリトリーを守る攻撃

配達の人や見知らぬ人が自分のテリトリーに侵入して来た場合に、
吠えたりうなるなどの威嚇攻撃をします。

分離不安

飼い主が出かけた時などの留守番中に物を壊したりします。
フンやおしっこをトイレ以外の場所でしてしまう。

環境の変化による不安

車やバイクの騒音、花火、道路工事などの耳なれない音。
カミナリなどの明るい光に怯えます。

強迫性異常症

犬が自分のしっぽを追いかけてくるくる回る行動。
また自分のしっぽに噛み付く意味のない行動をする。

しつけが肝心

子犬の頃に愛情を持ってしつけをしてあげていれば、問題行動やストレスからも開放されているはずです。

犬を大事に可愛がることはとても重要な事ですが、でも、大事に育てるのと甘やかすのは別問題。飼い犬がわがままに育ったり病気になったするのは、ほぼ飼い主に責任があります。

人間の子供にお菓子ばかりを与え続けていたらご飯が食べなくなるように犬も甘やかして育てると、おやつばかりを食べ続けます。

このようなことにならない為にも犬が幼い頃からのしつけが肝心なのです。

愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?