誰にも言えない愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?

犬が感電した場合の対処法

kanden

 

犬のイタズラでも重大事故が発生する場合があります。

一番多い事故が電気製品のコードをかじる感電事故!

犬が感電すると今まで聞いた事がないような悲鳴を出し、
は口から泡を吹いたり尿などの失禁もします。

犬が感電したらこのような状態になるものですから、
飼い主も当然慌ててしまうのもよく分かります。

しかし、感電している状態で犬に触るのはとても危険です!

感電状態で犬に触れたら人間も感電してしまうので、
まずはコードをコンセントから引き抜いてください!

それか、家のブレーカーをすべて落とします。

感電原因の電源をすべて断ち切ってから、
犬の溶体を詳しく確認をするようにしてください。

犬を助ける人間も感電してしまったら大惨事になります。

 

電源をすべて断ち切ったら、
まず最初は犬が呼吸しているのかの確認。

呼吸をしていればすぐに病院へ直行してください。

また、動いていなければ気道の確保を。
その時は下を引っ張りだすと呼吸がしやすくなります。

それでも呼吸をしなければ人工呼吸です。
犬の鼻に空気を送り込んでください。

そしてそのまま急いで病院へ直行しましょう!

それと感電した口に火傷がないかの
確認も同時に行ってください。

火傷をしていたら濡れたタオル等で冷やしましょう。
とにかく病院で診察すること。

愛犬の悩みを電話占いで解決しませんか?