犬の冬場対策をしよう!ペットも冬は寒いんです

inufuyu

 

愛犬の冬場対策の準備はできていますか?

 

そろそろ寒い季節がやって来ましたから、
ワンちゃんが寒い思いをしないように
暖かかくすごせるように準備をしましょう。

 

普段から外飼いをしていたり
柴犬などの毛がしっかりしている犬は
寒い時期にも強いのでさほど心配はないです。

しかし犬種によっては対策が必要です。

「犬の冬場対策をしよう!ペットも冬は寒いんです」の続きを読む…

愛犬が吐いていた時の対処法

inuhaku

 

もしあなたの愛犬が嘔吐をしていたら?

まずはその時の愛犬の様子をじっくり観察をしてください。

 

愛犬の嘔吐を見たらまずは落ち着きましょう。
慌てたままでは状況確認がよくできません。

動物病院で診察するにも状況確認を詳しく行いましょう。
情況をよく把握できていればそれだけ治療がスムーズに行なえます。

では、観察すべきポイントを書いていきます。

「愛犬が吐いていた時の対処法」の続きを読む…

犬はどこで飼うのが良いの?外飼い?室内飼い?

inusotonaka

 

犬はどこで飼うのが一番適しているのでしょうか?

昔は犬は番犬、外で飼うのが当たり前な状況でした。

 

しかし現代では犬を室内で飼う人も増えてきて、
人間の家族と同様に、より家族の一員として見るようになりました。

室内飼い外飼いか、どちらで飼うのが良いのかといえば、
飼う犬種と目的で分かれていきます。

「犬はどこで飼うのが良いの?外飼い?室内飼い?」の続きを読む…

犬は毎日歯磨きをしたほうが良いのか?

doghamigaki

 

本来犬が歯磨きをするのは、週に1~2回が最適です。

 

しかし、人間が食べ物を食べたら毎日歯磨きをするように、現代では犬も毎日歯磨きはしたほうが健全です。

 

犬が毎日歯磨き?

野生動物なのに必要があるの?

このように思う人もいるでしょう。

 

では、なぜ犬に毎日歯磨きが必要なのか?

それは、人間が作ったものを犬が食べているからです。

「犬は毎日歯磨きをしたほうが良いのか?」の続きを読む…

室内で犬を飼うときのポイント!

dogsitunai

 

犬を室内で飼うとき気をつけておきたいチェックポイント!

室内で飼うには、あらかじめ準備しておくものや、環境設備などチェック項目がいくつかあります。

 

犬を室内で飼うなら犬が寝る場所や行動させる部屋がある程度は決めていると思います。

すべての部屋にいっても構わない人もいるでしょうが、基本は飼い主さんが決めることなので自由に決めて構いません。

ただ、どのような部屋でも環境の整え方があります。

「室内で犬を飼うときのポイント!」の続きを読む…

犬のおやつの与え方、偏食にならないように注意する!

dogoyatu

 

ワンちゃんにとって、おやつは非常に楽しみのひとつですね。

基本犬はドッグフードだけで十分栄養がまかなえます。

でも、人間と同じようにおやつはあったほうが犬も喜びます。

 

犬用のおやつとして売られているものに、ガム、ビスケット、ジャーキーなど種類も豊富です。
おやつをあげるときは、しつけのご褒美であげるのがベストですね。

また、なんでも噛みたがる時期にはガムを与えるが良いです。ガムがなければ、代わりに固いおやつを与えるのも構いません。

ただ、この時に気をつけて欲しいことがあります。

「犬のおやつの与え方、偏食にならないように注意する!」の続きを読む…

ドッグフードは大きく分けると3種類ある!

dogfood

 

栄養バランスが良いドッグフードは主食として使用される場合が多いです。

 

主食用のドッグフードには大きく分けて3種類あります。
ドライタイプ、セミモストタイプ、ウエットタイプの3タイプです。

他に細かく分類すると、子犬用、妊娠・授乳期用、老犬用、肥満犬用、小型犬用、大型犬用などの種類のドッグフードもあります。

それではこれから詳しく書いていきます。

「ドッグフードは大きく分けると3種類ある!」の続きを読む…

子犬の飼い方(3ヶ月~1年目の食べ物・健康管理・しつけ)

koinu

 

犬の年齢は1年で急激に年を取ります。

人間の1歳で犬は17歳くらい年をとります。
犬はたったの1年で大人になってしまうのです。

人間で言えばあっという間に高校生ですね!

子犬を迎え入れて、まだまだ子供だからしつけは大丈夫・・・
なんて思っていたら、あっという間に大人になってしまいます。

犬のしつけは大人になってからでは猛烈に大変です。
子犬の時期にしっかりと育ててあげないと年をとってから苦労します。

最初の1年目は覚えさせることが多いですが、
何事も最初が感じですので子犬の頃から頑張って育てていきましょう。

「子犬の飼い方(3ヶ月~1年目の食べ物・健康管理・しつけ)」の続きを読む…

狂犬病予防接種を受ける飼い主の義務と時期

chusha

 

狂犬病予防接種と狂犬病から人間を守るための予防接種です。

犬の飼い主は、生後90日を超えた犬に対して、
狂犬病予防接種と畜犬登録をする義務があります。

受ける時期は、生後60日と90日の2回接種するのが一般的です。
これは法律で決まっていることなので必ず受けてください。

2回も予防接種を受けさせる理由は、
子犬は生まれた頃は母親の免疫を受け継いでいます。

しかし生後50~90日間の間にその免疫が切れます。
この免疫期間が犬によって違いがあるので2回受けるのです。

「狂犬病予防接種を受ける飼い主の義務と時期」の続きを読む…

犬が本当に喜ぶごほうびとは?

gohobi

 

愛犬が良いことをしたらご褒美をあげますよね?
その時にあげるものは、おやつなどの食べ物が多いと思います。

しつけやトレーニングでうまくいけば、おやつをあげる・・・
まあこれだけでも犬は喜ぶといえば喜びます。

でもワンちゃんが本当に喜ぶご褒美って、実は違うんです。
それは何だと思いますか?

ワンちゃんが本当に喜ぶもの・・・
それは・・・

「犬が本当に喜ぶごほうびとは?」の続きを読む…