グルーミングする意味と効果とは?

guruming

 

グルーミングさせる意味は犬の体を清潔に保つこと

やり方は、ブラッシングコーミングで被毛のお手入れをします。
被毛のお手入れをすることで、犬の皮膚の血行が良くなるのです。

また、皮膚の病気などの体の異常に早期発見できる目的もあり、
グルーミングでの愛犬とのスキンシップを高めることでもあります。

特に室内犬はブラッシングをしないと抜け毛が多くなります。

夏から冬、冬から夏の年2回、毛が抜け変わる時期がありますから、
この時期には念入りにブラッシングをしましょう。

「グルーミングする意味と効果とは?」の続きを読む…

犬のブラッシングの仕方を知っていますか?

burashi

 

グルーミングの基本となるのがブラッシングです。

犬の被毛には長毛種短毛種のパターンがありますが、
長毛種は被毛についたゴミなどが切れ毛や毛玉の原因になりやすいです。

抜け毛が多いのも長毛種の特徴です。

このことからできるだけ毎日ブラッシングをしてあげることが
犬の毛づやや皮膚などの健康を守るためにも良いことなのです。

長毛種だけではなく短毛種でも皮膚病の予防や毛つやのお手入れに
毎日のブラッシングは欠かせないものです。

「犬のブラッシングの仕方を知っていますか?」の続きを読む…

犬のコーミング方法 長毛種は特に手入れを怠らない!

kusi

 

グルーミングの最終仕上げには、くし(コーム)を使ってコーミングします。

コーミングとは、ブラッシング後の毛並みを綺麗に整えることです。

ブラッシングだけでもある程度は毛並みが整いますが、
コーミングをすることで、さらに毛並みが綺麗になることでしょう。

特に長毛種はコーミングをしたほうが美しく仕上がります。
逆に短毛種はブラッシングだけで十分です。

犬は年2回毛が抜ける時期がやってきます。
この時期は大量に毛が抜け落ちるので毎日コーミングしてあげましょう。

「犬のコーミング方法 長毛種は特に手入れを怠らない!」の続きを読む…

犬が嫌がらないシャンプーのやり方

dogshampoo

 

愛犬とじゃれていたら、なんだか臭う・・・

こんな時はワンちゃんにシャンプーをしてあげたくなっちゃいますね。

犬にシャンプーをするのは体の汚れを綺麗にするだけではなく、
ノミ、ダニなどの駆除、皮膚病予防の効果もありますから、
体を綺麗に保っていると体の汚れも病気も防ぐことが出来ます。

ただし、犬を毎日シャンプーするのは避けてください。

愛犬を毎日キレイにしたい気持ちも分かるのですが、
毎日体を洗うと必要な皮脂も剥がしてしまうので皮膚炎の原因となります。

シャンプー回数の目安は、月に1、2回程度にしておきましょう。

「犬が嫌がらないシャンプーのやり方」の続きを読む…

犬と動物病院との付き合い方

inubyoin

 

犬を飼い始めたら動物病院を決めておきましょう。

固定の動物病院が1ヶ所でも決まっていれば、
犬に病気などの問題が起きた時に何かと便利だからです。

犬も生き物ですからいつ何が起きるのか分かりません。
でも、そんな時になじみの病院があれば気軽に相談もできます。

最低1ヶ所は探しておきましょう。

「犬と動物病院との付き合い方」の続きを読む…

犬の健康チェックは日頃から行う

kenko

 

犬が肥満や病気になるのは飼い主の責任です。
また、愛犬が病気にならないように管理するのは飼い主の義務です。

なぜなら犬は人間と会話をすることができないので、
体の不調や食べ物が合わないなどを言葉で伝えることが出来ません。

犬は基本大変我慢強い生き物です。

しかし体の変調が合った時には行動やしぐさで伝えようとしますので、
その時は飼い主がすぐに気が付いてあげるように敏感になってください。

犬の変調に敏感になるには犬の毎日の観察は欠かせません。

皮膚のチェック、食べ残し、過食、水を大量に飲むなど・・
犬の異変に気がついたらすぐに病院へ連れて行きましょう。

「犬の健康チェックは日頃から行う」の続きを読む…

犬のノミ・ダニ対策 皮膚病・外耳炎に注意!

nomi

 

ワンちゃんの健康管理の中で肥満と共に欠かせないのが、
ノミ・ダニ対策です!

グルーミングやシャンプーで注意していても、
それでも自然と犬に付いてしまうのが、ノミとダニです!

ノミは犬の散歩コースなどにも生息しているので、
他の動物や犬との接触で簡単に体についてしまいます。

犬に寄生するダニは、マダニゼンダ二に分類され、
マダニは草むらや木に生息していて主に犬の外出時に寄生します。

ゼンダ二には外耳道に寄生をするミミヒダンゼニ、
皮膚に寄生するセンコウヒゼンダ二がいます。

ミミヒダンゼニは犬の耳に寄生をするので、
外耳炎を引き起こす原因ともなります。

犬がノミに噛まれるとかゆいだけではなく、
皮膚病の原因にもなり、飼い主も噛まれる可能性もあります。

人によっては発疹も出ますので要注意ですよ。

「犬のノミ・ダニ対策 皮膚病・外耳炎に注意!」の続きを読む…

犬のダイエット! 愛犬の肥満に要注意!

inudiet

 

最近は犬の肥満が非常に増えてきています。

人間肥満になると病気になりやすくなるように、
犬も肥満になると心臓病糖尿病関節炎かかります。

肥満になる多くの原因が、食べ物と運動とのバランスです。

室内犬は特に運動不足になりがちですが、
これは飼い主さんの環境にも関係があります。

飼い主さんが1人であれば一般的には働かれていることでしょう。
このような状況では自宅にいるのも不規則になりがちになります。

「犬のダイエット! 愛犬の肥満に要注意!」の続きを読む…

犬に食べさせてはいけない食べ物【タマネギ中毒】

tamanegi

 

犬に絶対食べさせてはいけない食べ物のひとつに
タマネギがあります。

犬に誤って玉ねぎを食べさせてしまうと、
タマネギ中毒という中毒症状を発症します。

 

【タマネギ中毒】

症状

・貧血や黄疸が出る。
※黄疸は眼球の白い部分が黄色っぽくなる。

・多量摂取による急性中毒の場合には血尿がが出て、
下痢や嘔吐に加え心拍数が早くなる。

・目の結膜が白っぽく変化する。

「犬に食べさせてはいけない食べ物【タマネギ中毒】」の続きを読む…

犬に食べさせてはいけない食べ物【チョコレート中毒】

choko

 

犬に食べさせてはいけない食べ物のひとつがチョコレートです。

犬に謝ってチョコレートを食べさせてしまうと、
チョコレートの中毒症状を引き起こします。

【チョコレート中毒】

症状

・嘔吐や下痢、多尿、発熱、けいれん、発作などの症状出る。

・腹痛や血尿も引き起こす場合もあり、
症状が重い場合には、昏睡状態から死亡してしまうケースもあります。

「犬に食べさせてはいけない食べ物【チョコレート中毒】」の続きを読む…