無添加ドッグフードで愛犬の肥満や病気を防ごう




愛犬の長生きの秘訣は食べ物の改善から!

人口加工物不使用、100%無添加のドッグフードをお試し下さい。

 愛犬が病気になりにくい無添加ドッグフードとは?


犬の成長度によって食事の栄養量が変わる

inunoseicho

 

犬の成長具合によって必要な栄養量は大きく変わってきます。

成長期の子犬ほど栄養量は多く必要で消費カロリーも高め、
成犬になるほど子犬ほど栄養量は必要ではなくなっていきます。

大人になった成犬は、健康な体を維持できるように
必要に応じた栄養量の調整が必要になってきます。

これは犬種や犬の大きさによっても違いがありますので、
不安であればペットショップで相談しましょう。

「犬の成長度によって食事の栄養量が変わる」の続きを読む…

ドッグフードのパッケージを詳しくチェックしよう

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ドッグフードのパッケージを詳しくチェックしていますか?

ドッグフードのパッケージには原材料が表記されています。
パッケージは購入前に詳しくチェックすることをお勧めします。

なぜ詳しくチェックする必要があるのか?

パッケージには生産者名などの詳しい情報が書かれています。
この情報から愛犬に必要な食べ物かどうかを読み取るからです。

愛犬のためのフード選びの基本はここからです。
犬の健康を守るためには必ずマスターするようにしましょう。

「ドッグフードのパッケージを詳しくチェックしよう」の続きを読む…

子犬の成長スピードは早い!カロリー調整は必須!

koiuseicho

 

犬が初めて家に来た時は、大抵の場合は子犬から家族の一員となります。

人間の子供は早く大きくなっていくものです。
犬も例外ではなく子犬の頃は早く成長していきます。

犬は人間の成長に比べて驚くほど早く、
1年で人間の18歳に匹敵する成長をします!

また犬の必要エネルギーは人間とも大きく違います。

子犬ほど必要なエネルギーは多く必要で、
成犬になるほど減少していきます。

「子犬の成長スピードは早い!カロリー調整は必須!」の続きを読む…

犬の病気のサインに気がつかないと大変な目に!

inunoyousu

 

あなたは愛犬の様子の変化に気がついていますか?

犬は人間の赤子と同じく会話をすることができませんから、自分に何か問題があると表情や行動で訴えてきます。

 

愛犬のそのわずかな変化に気がついてあげなければいつの間にか大きな病気になっていた・・・

なんてことにもなりかねません。

愛犬の異変に気がついてあげられるのは飼い主さんだけですから。

「犬の病気のサインに気がつかないと大変な目に!」の続きを読む…

犬の痛い、苦しいは犬にとっては大変なストレス

inuitai

 

人間が体調が悪くなって異変を感じたら
言葉で簡単に伝えることができますよね?

しかしながら、
犬は飼い主さんが気がつくまではとりあえず我慢することしかできません。

それまで犬ができることは
飼い主さんに早く気がついてくれるようにサインを送るだけ・・・

犬にとって病気や怪我による痛みは、と
ても大きなストレスを感じているのです。

「犬の痛い、苦しいは犬にとっては大変なストレス」の続きを読む…

愛犬が吐いていた時の対処法

inuhaku

 

もしあなたの愛犬が嘔吐をしていたら?

まずはその時の愛犬の様子をじっくり観察をしてください。

 

愛犬の嘔吐を見たらまずは落ち着きましょう。
慌てたままでは状況確認がよくできません。

動物病院で診察するにも状況確認を詳しく行いましょう。
情況をよく把握できていればそれだけ治療がスムーズに行なえます。

では、観察すべきポイントを書いていきます。

「愛犬が吐いていた時の対処法」の続きを読む…

犬が便秘をしていた時の対処法

dogbenpi

 

愛犬のトイレを確認すると一向に便を形跡が見られない・・・

こんな時は結構な危険信号かも!

 

脅かすつもりではありませんが、
犬って本来便秘はしない動物なんです。

ですので、
もし便秘をしていたら愛犬の症状は重いかもしれません。

もし便秘になった場合は、
食事のバランスの問題
全身状態の悪化による脱水症状、
腫瘍など

これらの重い病気が考えられます。

「犬が便秘をしていた時の対処法」の続きを読む…

愛犬が下痢をしていた時の対処法

doggeri

 

あなたの愛犬がもし下痢をしていたなら?

 

犬の病気から起こる下痢は、
小腸や大腸の調子が悪いことで起こりやすい。

またウイルス、伝染病、
ストレスなどによっても下痢は起こります。

このように犬の下痢の原因は様々です。

・小腸性、大腸性の下痢
・ストレス
・ウイルス伝染病
・アレルギー
・異物誤飲

いくつかチェックポイントがありますので、
これから詳しく説明していきます。

「愛犬が下痢をしていた時の対処法」の続きを読む…