犬が便秘をしていた時の対処法

dogbenpi

 

愛犬のトイレを確認すると一向に便を形跡が見られない・・・

こんな時は結構な危険信号かも!

 

脅かすつもりではありませんが、
犬って本来便秘はしない動物なんです。

ですので、
もし便秘をしていたら愛犬の症状は重いかもしれません。

もし便秘になった場合は、
食事のバランスの問題
全身状態の悪化による脱水症状、
腫瘍など

これらの重い病気が考えられます。

症状のここを要チェック!

いつから便が出ていないのか?

一週間以上うんちが出ていない、または排便をしようとしているのに
ゼリー状のものしか出ていないようでしたら便秘をしているものと考えられます。

 

室内での排便のトレーニングはできていますか?

もし室内トレーニングができているのであれば問題はありませんが、
最近散歩に出ていない場合には注意が必要です。

散歩に出ないことで愛犬の排便するのを邪魔している可能性もあります。

便秘にならないように未然に防ぐためには?

人間の便秘解消には食物繊維と聞きます。
しかし、それは人間の話であって犬には当てはまりません。

便秘と判断できるようでしたら一度病院へ診察をする。
もし腫瘍でもできていたら大変ですから、
早めに治療を受けるようにしましょう。

便秘を未然に防いだり便秘が改善されないときは
ドッグフードを見直すのが犬にとって良いことです。

無添加ドッグフードなら愛犬の便通も快調ですよ!