元気な高齢犬になる秘訣は若い頃に肥満にさせないこと

doghiman 3

 

高齢犬になった犬でも元気な犬もいれば不健康な犬もいます。
この差は一体何だと思いますか?

それは、犬が若い頃の食事療法や運動に原因があります。

 

犬が若いころに栄養の偏りによる食事の与え方や量の与えすぎ、
または散歩をしないなどの運動不足やストレスによっても差が出てきます。

年齢が低い頃に肥満だった犬が高齢化した時には、
糖尿病、心臓病、関節疾患、皮膚炎などを発症する可能性が高くなります。

これは愛犬を肥満にさせてしまった飼い主さんに責任があるとも言えます!

「元気な高齢犬になる秘訣は若い頃に肥満にさせないこと」の続きを読む…

犬の現代病!肥満からなる生活習慣病とは?

doghiman2

 

犬と言えば昔は外で飼い、我が家の番犬として飼うのが主流でした。

ところが、現代では犬との関係も密接になり家の中で飼われるようになり
人間との生活を一緒に過ごすことも多くなってきました。

しかし、そのことによって昔にはそれほどなかった
犬の病気やストレスが増えることも多く見かけるようになりました。

そして室内犬になりやすいと言われる犬の肥満・・・
この肥満から病気に発展してしまうことが多くなるのです。

愛犬と長く生活していく上では愛犬を絶対に太らせてはいけません。
肥満を防ぐのは飼い主さんしかいないので肥満予防の知識を学びましょう。

「犬の現代病!肥満からなる生活習慣病とは?」の続きを読む…

犬が肥満になるのは飼い主に責任がある!

doghiman

 

愛犬に可愛い眼差しで見つめられると、
ついおやつを与えてしまう・・

あなたはこのようなことをしていませんか?

愛犬が可愛くてつい・・・というのは分かるのですが、
これが犬が太ってしまう原因となっているのです!

 

犬は自分で食べ物を買いに行ったり
食べ物を自分で選ぶことは出来ません。

また運動も外へ散歩にでなければ
運動もまともにすることができません。

犬が太ってしまう原因はあげる食べ物や
ドッグフードの栄養バランスの悪さ、
または外で運動や散歩をさせない、
などの運動不足から起きるものです。

「犬が肥満になるのは飼い主に責任がある!」の続きを読む…